ギャンブルは今や、世界で最も広く親しまれているエンターテイメントの一つで、世界人口の約26%にあたる16億人の人々が楽しんでおり、特に欧米の人々の間で愛好されています。プロモーションやボーナス、そしてスリルあふれる興奮体験が、これだけ多くの人々を夢中にさせるのでしょう。カジノを訪れたことがある方なら、カジノにはバックグラウンドミュージック(以下BGM)が流れていることにお気づきかもしれませんね。ほぼ全てのカジノでそうされており、BGMはカジノが儲けを増やす上で欠かせない要素となっています。カジノのBGMは単なるエンターテイメントの一つではありません。ギャンブラーの潜在意識に働きかけ、カジノの収益に関わってくるものなのです。その仕組みを知りたい方は、ぜひ以下の記事をお読みください。

音楽の力

カジノがBGMを流す理由へ話を移す前に、音楽の力についても簡単に解説しておきます。潜在意識に関する心理学について勉強したことがあれば、音楽が人の判断を刺激して影響を及ぼすということをご存知でしょう。

研究によると、音楽は、私たち人間の脳の働きと判断に影響を及ぼすことが証明されています。音楽には、気分転換や感情のコントロールをしたり、古い記憶を思い出したり、判断に影響を及ぼしたりする大きな効果があるのです。

BGMがギャンブラーに与える影響

カジノがBGMを流す主な目的は、エンターテイメントではなく、ギャンブラーに影響を及ぼして、もっとギャンブルにお金をつぎこんでもらうように仕向けることです。音楽は、プレイヤーであるあなたのギャンブル上の判断に影響を与え、より多くの賭け金を置かせ、より長い時間プレイを続けさせるように誘導します。カジノでは通常、電子音楽やロックミュージックが流れていますが、それらの音楽は共にリスク・テイキングとドーパミンの分泌を促進させる効果があるのです。それは、そうしたタイプの音楽が、脳を刺激して独特の信号を発信させるビートを持つからなのです。

電子音楽は、信号を発信させてドーパミンの分泌を促します。ロックミュージックもアドレナリンの分泌を促す信号を送り出します。これらの信号はプレイヤーに影響を及ぼし、リスク・テイキングを促すアドレナリンの分泌を高め、高額の賭け金を置かせるように作用します。電子音楽によってドーパミンの分泌が高まると、カジノにもっと長居したくなるのです。両方ともカジノにとっては非常に有益ですよね。

BGMに影響を受けるモノ

カジノに流れるBGMには、次のような影響を及ぼす効果があります。

・高額の賭け金

ロックミュージックは私たちの脳のリスク・テイキングに関わる判断に影響することが科学的に証明されています。ロックミュージックの低音や高音のビートが脳を刺激して、より大胆にリスクを取らせるのです。したがって、プレイヤーは高額の賭け金を置くようになり、カジノの収益が上がるわけです。

・ハッピーな気分

BGMとしてカジノに流れる電子音楽は、脳を刺激してドーパミンの分泌を促します。そしてドーパミンは、脳の中で、楽しい気分やハッピーな気持ちを高めるように作用します。カジノでギャンブルをしながら楽しい気分を味わえば、以前よりも長居をするようになるものです。

・エンターテイメント

最後に、音楽はエンターテイメント的な要素とも関連しています。そのため、BGMは、カジノで退屈を紛らわせてくれるエンターテイメントの役割も果たしてくれるのです。

・負けからの立ち直り

映画の悲しいシーンで、ロックや電子音楽が流れるのを聞いたことはありますか?ありませんよね。ロックミュージックは悲しい気分ではなく、ハッピーな気分やリスクー・テイキングと結びついています。カジノのBGMで明るい音楽が流れていることにより、ギャンブルでの敗北から気分転換をすることができるわけです。少なくとも、負けたときの悔しい思いが軽減されるはずです。後悔の念を払拭し、リスクを取って再びギャンブルする、そんな風に敗北から容易に立ち直る助けとなるのです。